fc2ブログ

ドラグとは?ドラグを使えばラインは絶対に切れない!

リールには、ドラグ機能というものがついています。
このドラグ機能というものは、ふいの大物がかかったとき等。糸に強い力が加わったときにラインが切れてしまうことを防ぐための機能です。


ドラグって何?おいしいの?


スピニングリールならばほぼついています。
釣りをやらない人からするとリールは糸を巻くだけの道具だと思ってる人も多いと思います。
しかし、リールの一番重要かつ最大のメリットはこのドラグ機能がついている事です。
大物の急激な引きがきてもドラグを緩めておけばスプール(糸が巻いてある部分)が滑りだし糸は絶対に切れません。
仕組み上、設定をしっかりすればリールにドラグがついている限り糸は切れる事はありえないのです!
従って、大きな魚が掛かってラインを切られた!という一見よく聞きそうなこのセリフは、釣り初心者のセリフなんです。



drag.jpg
リールの上についているのがドラグを調整するためのツマミです。
これを左にまわせば緩み、右に回せば閉まります。
ラインが切れるギリギリに設定しておくのがベストです。

イマイチピンとこない人の為に動画にしてみました!!

[広告] VPS


このように、ドラグつまみを左にまわすと緩み、糸を強く引っ張るとスプールが回転し、糸が送りだされます。
反対に閉めることで、糸が送り出されなくなり糸が耐えることのできない負荷がかかるときれてしまいます。
釣りを始めるまえにドラグを調整してラインがきれるギリギリにしておきましょう。

ドラグをあまりにもゆるくしすぎると、魚が永遠に糸をひっぱっていってしまい、最終的にはラインがすべて出切ってしまい、最後にはパツンときれてしまいます。弱らせるために抵抗をかけながらラインを出していくのが重要です。

なんでもかんでもドラグに頼るのも考え物で、釣りをしているフィールドが障害物が多い場所では、ドラグでラインを出しすぎてしまうと、テトラ等の障害物に魚がもぐりこんでしまって釣り上げることができないこともあります。
従って場所によってはラインをださないことも重要です。

また、リールの良しあしはこのドラグ性能でも決まります。
粗悪なリールをつかうと、魚の強力な引きにスムーズがラインがでなかったり、ラインがでてほしい抵抗のときに出ず、それ以上の抵抗がかかったときに一気にラインがドバっとでて糸フケが発生してしまいバラしてしまう・・
なんてことにもなりかねません。


いざ釣りを開始する前にドラグの設定も忘れずに行い、ふいの大物に対処できるようにしましょう!
ドラグをうまく調整できれば、メバル用のロッドでも大きなシーバスを獲ることも可能です。
ぜひ初心者の人はマスターしてください!

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


釣り好きの為のサブスク‼

メインカテゴリー

最新記事一覧

一番軽いシーバスリールを探せ!最軽量はヴァンキッシュ!【2021年度版】 2021/04/02
テトラにはハイパーVよりキュービックスパイクが最強だった。 2021/03/21
2021年3月20日 春の奥浜名湖でウグイが釣れた 2021/03/21
2021年3月20日 魚滅の刃 ー穴釣り編ー  2021/03/21
最高のルアーケースおすすめ1選!このケースだけで良い。 2021/03/14
釣りビジョンVODに申込したら見るべきおすすめ番組10選 2021/03/12
アジングライト(集魚灯)で集めた魚はルアーで釣れるのか 2021/03/02
【極暖】手が悴む寒い冬の釣りに、ハクキンカイロで指先の冷え対策してみた 2021/02/21
shimano(シマノ)ルアーフック適合一覧表 2021/01/16
daiwa(ダイワ)ルアーフック適合一覧表 2021/01/07

仲間を探そう!

にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ

愛用釣具をパワーアップ!!